東日本大震災から4年

きょうで、東日本大震災から4年がたちます。 亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。また、今なお不自由な避難生活を送られている方々に、お見舞い申し上げます。 この4年という時間が、短いと思う方もいらっしゃれば、長いと思う方もいらっしゃいます。あの日に対する人々の思いにも違いがあります。 震災が風化しつつあるいま、私たちにできることは3月11日、その日は東北の被災地に思いを馳せ、祈り、 また来るかもしれない災害に対する備えをもう一度確認することではないでしょうか。 お寺としても、震災に遭われた方々の心に寄り添いながら、またこの1年を過ごしていきます。