普門院に伝わる品々

普門院に伝わる品々⑤

普門院に代々伝わる細井平洲先生の書です。意味は下記のとおりです。聿修厥徳聿修厥徳(いつしゅうそれとく)と読むと思います。意味は、先祖の徳を述べることが徳なのである、だと思います。平洲民民は、平洲先生の名前である「徳民」( ...
全部読む

普門院に伝わる品々②

これは、成島焼の切立(きったて)という「かめ」と、つぼです。 成島焼は、鷹山公の時代に作られるようになったもので、切立という「かめ」には、塩や味噌を貯蔵していました。...
全部読む