普門院に伝わる品々⑤

普門院に伝わる品々⑤

普門院に代々伝わる細井平洲先生の書です。

意味は下記のとおりです。

聿修厥徳
聿修厥徳(いつしゅうそれとく)と読むと思います。
意味は、先祖の徳を述べることが徳なのである、だと思います。

平洲民
民は、平洲先生の名前である「徳民」(のりたみ・とくみん)の「民」です。

この書は平洲記念館の立松彰館長に鑑定していただきました。